カテゴリ:工筆画( 2 )



少し前に描いていたものですが。。
f0093563_20180132.jpg
睡蓮といっしょにMさんに習らった山茶花の習作です。
こちらも途中からは宿題となり一人で仕上げました。
水墨画用の画仙紙ではなく金銀をちらした淡いオレンジ色の仮名半壊紙を使ってみました。
f0093563_20264417.jpg

葉は薄墨で、花は青で陰影を描き、
f0093563_20300144.jpg
花は4回、葉っぱは3回塗り重ねました。
白い紙ではないので、見本とは色が少し異なって発色したものの
この紙は滲まず、さらに薄くぼかすことができたので
まずまずの出来栄えとなりました^_^

f0093563_20500238.jpg





f0093563_23135617.gif






[PR]
by housui303 | 2014-03-30 20:35 | 工筆画 | Comments(2)

中国工筆画



名古屋の帰りに新幹線で福岡を経由して帰りました。
長崎で絵や書や篆刻など幅広く活動されているMさんとレンタルルームを借りて一緒にお稽古をしました。
今回は私がお願いして工筆画を教えていただきました。
f0093563_17382900.jpg
天神で待ち合わせ。お弁当やお茶、デザートも持ち込みで会話も弾み楽しいひと時でした。もちろんお互いの今後の展開を視野に入れて〜。
語学も堪能で私より随分と若いMさんにはまだまだ大きな可能性が残されていると思います^_^
私はというと〜今までやってきた教室をメインに新たな勉強と創作ができればなーというところでしょうか。。
さて工筆画というのはいわゆる墨彩画なのでずが、俳画などに比べて緻密な描き方なのです。
今回は睡蓮です。
f0093563_17415924.jpg
f0093563_17422900.jpg
最初に細い筆で線描きの縁取りーこれは仮名書道をやっている人には得意分野かもしれません。
次に下地の色を墨や青色の濃淡で表現します。最後に葉っぱの色を一気に入れるところが特徴でしょうか。最後まで仕上がらなくて家帰って仕上げたのですが、もう自己流の絵に。。。どうしても書き込んでしまうとMさんが言ってましたが、
はい私も描きこんで描きこんで。。。くどくなりました。
普通の絵の陰影をかいてしまうのですよね。
絵でも書でも奥行きとか立体感って重要だと思うから。。。
工程を残すため3枚描いたのですが。。。
もう塗り始めたら楽しくてどこまでもどこまでもーー笑
途中で写真を撮すのを忘れてしまいました

f0093563_17403702.jpg
もはや工筆画ではなくなったかもーーー。
墨の濃淡がはいることでボタニカルアートではなく東洋的な絵となってますが。。。
もう一度この絵は挑戦ですかねーー

順次いろんな完成品を載せますね。^_^

ありがとうございました。









[PR]
by housui303 | 2014-03-18 17:15 | 工筆画 | Comments(0)